近年重要が高まっている日本語教師の資格取得方法を伝授

  1. ホーム
  2. 日本語を外国人に教える

日本語を外国人に教える

勉強道具

国際化社会の到来に伴い、海外から観光客や留学生、また日本で働く外国人も増えています。日本国内で長期滞在するには日本語を学ぶ必要があると感じ、日本語教室に通う外国人が多く、そのため日本語教師の需要が高まっています。日本語教師になるには教員の資格は必要ありませんが、求人の際には日本語教師養成講座の修了や日本語教育検定の資格取得を条件としている日本語教室が多いです。日本語教師養成講座は各種専門学校の養成講座に通って勉強する必要があります。養成講座の授業時間は、約420時間と長いですが日本語の基礎知識や日本語を教える方法を身につけることができます。気になる専門学校に通う学費ですが、専門学校によって多少差はあるものの、おおよそ60万円程度です。専門学校に通うメリットは基礎が学べるだけでなく就職支援も積極的な学校が多いところです。求人の紹介だけでなく、就職活動の方法や面接時のマナーまで丁寧に指導してくれます。次に日本語教育能力検定の資格取得ですが、受験資格が不要で誰でも受験できるのが特徴です。独学で勉強して合格すれば、数万円程度の費用で日本語教師になることができ、コスト面でのメリットがあります。独学が厳しければ通信講座もあり、試験の合格のポイントを抑えて勉強できますので短時間の勉強で合格することが可能です。通信講座の費用も10万円前後のため、専門学校に通うよりは非常に安上がりです。よく検討して自身に合ったプロセスで日本語教師を目指しましょう。