近年重要が高まっている日本語教師の資格取得方法を伝授

  1. ホーム
  2. 日本語の教育者として働く

日本語の教育者として働く

勉強する人

検定合格と専門学習が条件

日本語教師は、日本語教育の専門家です。ただし小中学校などの国語教員とは異なり、対象となるのは日本語を母語としない人、すなわち外国人や帰国子女等です。つまり、日本語を外国語として学ぶ人たちに日本語を教えることになります。当然、通常の国語教育とは違った専門的なスキルが求められます。日本語教師になるのに公的な資格は必要ありませんが、日本語教育能力に関する民間の検定資格があり、取得者は就職市場で高く評価されています。多くの日本語学校では、検定資格の保有が採用条件の1つに挙げられています。この検定試験には受験資格がなく、誰でも受験できます。ただし合格率は毎年20%とかなりの難関で、合格するにはしっかりとした準備が必要になります。現在では多くの専門学校や資格スクールで日本語教師を目指す人向けの講座が開かれているので、受験対策として利用できます。検定試験合格を目指すための学校を選ぶ際、重要なポイントが1つあります。それは、カリキュラムが国の定めるガイドラインに準拠しているかどうかです。このガイドラインは日本語教育に携わるのに十分な能力を身につけるために必要と思われる学習時間を国が示したもので、具体的には420時間以上の専門学習が必要とされています。実は、この420時間の学習というのは、それ自体が日本語学校における採用基準の1つになっています。ということは、これだけの勉強をしてさらに資格を取得すれば、日本語教師を目指す際に非常に有利になるわけです。学校選びの際は、この点に留意するようにします。