近年重要が高まっている日本語教師の資格取得方法を伝授

日本語の教育者として働く

勉強する人

日本語教師は外国人等を対象に日本語教育を行う専門職です。公的な資格はありませんが、多くの日本語学校では、民間の検定資格の取得や国が示した専門講座での420時間以上の学習経験が採用条件に設定されています。

日本語を外国人に教える

勉強道具

日本国内に滞在する外国人人口の増大に伴い、日本語教師を目指す人が増えています。日本語教師になるには専門学校で養成講座を修了することや、日本語教師能力検定の資格を取得する必要があります。費用は専門学校では、約60万円かかります。

日本語を広めたいなら

英語

日本語教師になりたいと考えるなら、独学や通信講座ではなく、スクールに通うことを選びましょう。スクールならば教え方を習えるだけではなく、就職のサポートまでしてくれますので、将来の仕事として日本語教師の資格を取得したい方に推奨できます。

日本語教育のプロを目指す

男性と女性

海外でも活躍のチャンス

現代では、経済や文化などさまざまな分野で国際交流が進んでおり、外国語学習に対する需要が高まっています。その一方で、外国語としての日本語教育、すなわち日本語を母語としない人たちに対して日本語学習の機会を与える必要性も増大しています。このニーズに応えるのが、日本語教師という専門職です。日本語教師は、主に国内の日本語学校で在日外国人向けの日本語教育を担当します。外国人を多く雇う企業に派遣され、語学研修を行うこともあります。また、海外の教育機関で活躍している人もいます。日本語教師には公的な資格がなく、教員免許も必要ありません。ただ、当然ながら日本語教育に係る専門的なスキルがなければ、職務を全うすることはできません。その能力を証明する手段が、検定資格の取得です。日本語教師に関する検定資格は、国際教育を支援する団体が主催する民間資格です。日本語教育の世界では高い信頼を得ており、多くの日本語学校が教員を採用する際の条件の1つにこの資格を持っていることを挙げています。検定試験は毎年1回、10月に全国主要都市で行われます。試験はマークシート方式と記述式の2通りで出題されます。受験資格に制限はなく、学歴や年齢に関係なく誰でも試験に合格すれば資格を取得できます。ただ試験問題の内容は日本語の音韻や文法、意味といった専門的な知識から広く言語一般、日本文化一般に関する総合的な知識まで、多岐にわたります。合格を目指すには、資格スクールに通うなどの本格的な受験対策が必要となります。